【人生一度きり】熟年再婚が貴方の幸せへの近道

【人生一度きり】熟年再婚が貴方の幸せへの近道

「熟年の独り身は張り合いがない」

 

熟年にとって独り身というのは、孤独感を伴う以上に暮らしに張り合いがないものだと思います。仕事が終わり帰宅する途中に、誰もいない真っ暗な部屋に帰ることが嫌になってつい人のいる場所に寄りたくなったりするのではないでしょうか?また、食材を買いに行っても一人だとメニューを考えることすら面倒になって、つい簡単なもので済ませてしまったり、時には食欲が湧かなくて食事を抜いてしまうこともあるのではないでしょうか?張り合いがないというのは人生をつまらないものにしてしまいます。

 

こうして考えてみると、やはり何かをしてあげる相手がいないこと、それ自体が暮らしを張り合いなくなせていることが多々あると思います。料理も誰かに作ってあげる時にはモチベーションが上がりますし、世話をすることは喜びを感じるものなので自分の幸せにもつながります。その相手がいないというのは本当に張り合いがなく、寂しいものです。

 

部屋が散らかされたりすることはありませんが、その代わりに部屋にポツンと独りでいると世界から取り残されたような錯覚に陥ったりもします。外から楽しそうな笑い声や話し声が聞こえてきた時などは尚更です。

 

また、熟年になると独りで何処かに出かける時も、人からの視線が気になりやすくもなります。それだけ、若い頃と比べて自分に自信が持てなくなっていることも一因となっていますし、「独りで寂しそうにしているおばさん」として見られることには、抵抗を感じるものです。

 

飲食店に入る時にも熟年女性が独りというのは誰かがそう思う以上に自負自身が寂しく感じます。
美味しいかどうかを感じる余裕もなく、サッサと食べて出てしまいがちになるのではないでしょうか?

 

独りは良い様に考えれば、楽、自由とも捉えることは出来ますが、やはり本音では張り合いがなく寂しいもの。これに尽きるのではないかと思います。

 

「熟年期の過ごし方と幸せとの関連性」

 

熟年期は男女問わずこれからの人生、残された時間について深く考える時期でもあります。また、これまでを振り返ることで、今後どう生きていくかを決める大切な時期だともいえます。

 

特に離婚歴がある場合には同じような失敗を繰り返さないようにと考えますし、また、これまでに得られなかった幸せを生きている間に掴みたいと願うものではないでしょうか?

 

また、熟年になると様々なことを始めないうちから無理だと決めてあきらめてしまいがちになりますが、熟年期だからこそ、幸せを掴めるように生きることが大切なのではないでしょうか?

 

幸せとは見えるものではなく心で感じるものだといいます。心底から幸せだと感じることが出来るように、考え方や生き方を変えるのも大切な時もあると思います。

 

また、若い頃というのは自己肯定感に満ちているものですから、反省したり、悔やんだりすることはあまりないものですが、熟年期を迎えると考え方や心の持ち様が柔和になるので、生き方を変えるチャンスともいえる時期だと思います。

 

これまでの人生を振り返り、どこをどう修正したら幸せになれるのか、内省しながら紙に書き出しいくと、これからどうしていきたいか、どんな人生を歩みたいかが明確にハッキリと視えてきます。

 

これまでに掴むことが出来なかった幸せをこれから掴めるように、具体的に考えて細かな計画を書き出してみることが熟年期の過ごし方として大切なことだといえると思います。

 

人は幸せになるために生まれてきます。残された時間を無駄にしないためにも、一日一日を丁寧に、大切に生きていきたいですね!

 

 

「熟年期の再婚と幸せについて」

 

熟年期に入り独り身でいる女性にとっての一番の幸せはやはり再婚することではないかと思います。

 

独りより二人になれば、まず暮らしが明るく賑やかになります。部屋の中に笑い声が響いて幸せな気持ちになれます。生活が独り身の時とは真逆に幸せ感溢れるものになります。それだけパートナーの存在というのは大きなものだと思います。

 

また、小さな頃に家に帰った時に部屋に灯りがついていることや、お母さんにおかえりと言われて安心したことはありませんか?

 

人がいるというのは安心感を与えてくれます。人の温もりとは偉大なものだと思います。それは幼かった頃も今も変わらないものだと思います。

 

特に年齢を重ねた熟年の独身女性にとってはパートナーを得ることは心だけでなく体調にも変化を与えてくれるはずです。

 

女性は特に離婚、孤独などのダメージからホルモンバランスを崩しやすく更年期の症状が重くなりやすいといわれています。

 

 

また、独り身だと頼れる人がいないため毎日が緊張感の連続で真からリラックス出来ることがあまりないのではないでしょうか?独りで全ての責任を背負うことはとても大変なことです。何かあった時に相談出来る家族がいないということも不安を抱える一因になると思います。

 

緊張感や不安感、寂しさ、過去に経験した出来事から受けたダメージなどの精神的なストレスは体調にも大きな影響を与えます。

 

その荷を降ろし楽になるためにも、再婚は善い選択だといえると思います。

 

また、人は幸せにならないと過去の嫌な経験はなかなか忘れることが出来ないものです。男性側も心に同じようなダメージを抱えていることも多いです。そのように熟年者同士が再婚することによって互いに理解し合い励まし合いながら、終わったことを水に流せるようになると思います。

 

「再婚への近道は勇気を出して行動するのみ!」

 

熟年女性の中には受け身な方も多いと思いますが、再婚するためには自分から行動を起こすことが最も大切です。

 

若い頃には男性から声をかけられやすかった人でも、熟年になると変わってきます。独身か既婚かもこちらから言わない限り分かりませんし、独り身であっても再婚を望む方、そうでない方、人それぞれ違いますからうっかり感違いしたら大変だから口に出せないということも男性側は感じているはずです。そのような理由からも熟年女性には、声がかけずらいということになります。

 

また、熟年になってくると男性はガツガツとしなくなるため、あちらから誘ってくるということも
確立は下がります。待っていても、変化は起きません。自分から求めていかなければ、チャンスも幸せも掴むことは出来ないと覚悟を決めることが大切です。

 

熟年女性が勇気を持って一歩を踏み出すにはまずは自分に自信をつけましょう!

 

自分磨きをすると若い頃のような自信が甦えってきます。

 

そうすると行動する勇気が湧いて来ます。

 

自信ある女性は男性から見て、ハツラツとしていてとても魅力的に映りますから、善い出逢いに恵まれやすくなります。

 

自分磨きを始めるのも、再婚に向けての行動の一つです。おっくうがらずに肌のお手入れやダイエット、アンチエイジング、新たなスキルを身につけたり、資格を取得するなど、自分を向上させる一歩を踏み出しましょう!

 

一歩一歩を積み重ねていくことで、一つ一つの点は線に変わり、その延長線上にはきっと素敵なパートナーがいるはずです。